kokuzo

衛星写真や地図を無料で見られるサイトを紹介

よく天気予報などで衛星写真を目にする機会があると思います。
雲の流れなどがみられて、自分の住んでいる地域周辺がどうなっているかを見たり、今後を予想したりしても面白いですよね。
衛星写真は天気予報以外にほとんど見る機会はありませんが、実はいつでも見ることが可能なんですよ。
ここではそんな航空写真や全国の地図などを見られるサイトを紹介してみたいと思います。

気象庁

気象庁のホームページには気象衛星から送られてきた画像を見られるページがあります。
見られる画像はかなり豊富で、まず白黒かカラーかを選択できます。
色の違いだけでなく通常の可視画像にするか、赤外線を観測した赤外画像や水蒸気を強調した画像にするかなどの選択もできます。
静止画だけでなくいくつもの静止画を組み合わせて動画にすることも出来るため、雲がどのように流れているのかを感じ取ることも可能です。
画像は10分毎に更新されていて、ほぼリアルタイムの画像を閲覧することができます。
雲の様子をしっかりと観測できるので、台風が接近した時に見てみると面白いサイトです。

Google Earth

Googleが提供する衛星写真で、バーチャル地球儀とも呼ばれています。
こちらは雲の様子などは見られませんが、世界中の衛星写真を見ることができます。
好きな場所の衛星写真を閲覧することが出来て、衛星写真を拡大して角度を変えてあげると衛星写真を立体で楽しむことも出来ます。
衛星写真としてだけでも十分に楽しむことができますが、Google Earth内で世界旅行をするように使ってみても楽しいのではないでしょうか。
Google Earthはウェブサイト上だけでなく、スマートフォンアプリでも利用出来ます。

Yahoo!地図

衛星写真はなかなか地上の細かな部分は見ることが出来ません。
Yahoo!地図では地上の細かな部分が見られる航空写真を公開しています。
衛星写真で気なる地域を見つけた時にこの航空写真を利用すると、その地域がどうなっているのかをさらに正確に知ることができます。
もちろん航空写真以外に地図も閲覧できるので、地図上でどういった場所なのかをすぐに調べることも可能です。

まとめ

衛星写真は雲の動きを見られたり地形などを見られたりするので、そういったものに興味がある方は見ていて飽きないのではないでしょうか。
ですが衛星写真だけではわかりにくい場所もあるので、そういった時に航空写真や地図を使って補ってあげるのがおすすめです。
ここで紹介した3つのサイトを使いわけて楽しんでみてください