kokuzo

道路使用許可申請書が必要な場合とは? 申請書の入手方法も

道路は車が走ったり人が歩いたりする場所ですが、それ以外にも様々な使われ方をしています。
露店が出ていたりすることがありますし、映画の撮影がされていたりすることもあります。
ですがこういった使われ方は、道路本来の使われ方ではありません。
そのため、こういった使い方をしたい時には道路の使用許可申請書が必要になるのです。
ここでは道路使用許可申請書について紹介したいと思います。

道路使用許可申請とは?

人や車の往来という道路本来の使い方以外で道路を使いたい時には、道路使用許可申請が必要になります。
具体的には以下の4つの場合に許可申請が必要になります。

・道路において、工事もしくは作業をしようとする行為
・道路に石碑、広告塔、アーチ塔の工作物を設けようとする行為
・場所を移動しないで、道路に露店、屋台等を出そうとする行為
・道路において祭礼行事、ロケーション等をしようとする行為
こういった行為をする時に道路使用許可申請をして、警察署長が使用を許可するとこういった行為をすることが可能になります。

道路使用許可申請に必要なものは?

道路使用許可申請に必要なのは3つです。
一つめが道路使用許可申請書です。
これは各都道府県の警察ホームページでダウンロードすることが出来るもので、エクセルやワード、PDF、一太郎など様々な形式でダウンロードができます。
ダウンロードしたものを印刷して、それに記入して提出してください。
二つめはどのように道路を使うのかの図面です。
道路の使用する場所や、どういった使い方をするのかを示したものが必要になります。
そして三つめが許可申請手数料です。
これら三つを提出して認められれば、道路を使用することが出来ます。

申請で困った時は

もし道路使用許可申請をしたいけれど、どのように申請したらいいか分からず困ってしまった時は警察に相談してみましょう。
特にイベントなどで許可が必要な場合などは警察は協力的になってくれますし、どういった方法を取ったらいいかの助言もしてくれます。
細かな部分で気になったことがある時でも丁寧に対応してくれるので、遠慮なく相談してみるのがおすすめです。

まとめ

道路使用許可申請というと難しそうな印象を受けますが、実際にはそこまで難しい事をする必要はありません。
申請に必要なものはすぐに揃えることが出来ますし、困ったことがあった場合も警察の方がちゃんと教えてくれます。
道路を利用したいと思った場合は、気軽に申請の手続きをしてみてはいかがでしょうか。